アート・パフォーマンスのご案内

9月24日(土)12:30~13:30、要塞をステージにアートパフォーマンスを行います。
演目は田仲ハル氏(現代舞踏家)、茂呂剛伸氏(ジャンベ太鼓演奏家)によるセッションを予定しております。
皆様お誘い合わせの上、お気軽にご観覧ください。(申し込み不要)

なお、雨天でも行いますので、突然の雨に備えて雨具等は持参して頂くことをお勧めします。
また、会場内の遊歩道は未舗装で足元が汚れたり雨でぬかるむこともありますので、長靴等歩きやすく汚れても構わない靴でお越し下さい。

田仲ハル氏(現代舞踏家)プロフィール

1964年生まれ
1982~1986年 北方舞踏派など全国の様々な舞踏団に学び、ツアーや公演などに参加
1986~2006年 20年間休止
2007年 再開
以降、谷川俊太郎との共演や、ベーシスト飯田雅春とのユニットなど、国内外の様々なアーティストと共演 ジャンルの壁を身体ひとつで渡る

http://haltanaka.web.fc2.com

茂呂剛伸氏(ジャンベ太鼓演奏家)プロフィール

1985年 鼓章流どさんこ太鼓に入門 道内を始めパリ、ミュンヘン、ロサンゼルス、ハワイ、瀋陽、シドニーなどの世界各都市で、札幌市の伝統芸能親善交流団体員として演奏活動を行う
1999年 高円宮憲仁親王殿下来札時にアフリカ太鼓演奏を披露
2000年 本場の演奏法をマスターする為に、西アフリカのガーナに渡り、アフリカンドラムの演奏法、楽器制作を学ぶ
2005、07年 東京新国立劇場「ハンブルク・パリオペラ座バレエ公演 融」シリーズで高い評価を得る
2006年 草月流-80周年記念「新造形-草月いけばなが舞台となる日」で演奏及び音楽担当に参加
2009年 縄文(JOMON)文化の研究活動を原子修氏との出会いから、縄文太鼓の作成と演奏を始め、北海道から縄文文化を発信する
「未来に向かって縄文にかえる」をテーマにした芸術【舞台・音楽】の創作活動を行う
2010年2月 手鼓 太伸世流(しゅこ だしんせりゅう)を創設して後生の育成を行う

http://blogs.yahoo.co.jp/dasinnse